×

投資家の方に、社会貢献しながら資産運用するインパクト投資への参加機会を提供しています
社会貢献しながら、資産運用しませんか?

100

主にシニアや女性の方に、社会貢献しながら働く機会を提供しています
中小企業の社長や経営幹部、専門家、スタッフ、ボランティア等として、
生涯現役で社会貢献しませんか?

× SDGs

当機構と連携して、子や孫のために、よりよい世の中をつくっていきませんか?

事業承継問題は、他人事ではない

日本にある中小企業の3社に1社が事業承継問題を抱えています。そして、今日も174社が廃業し、1,506人が失業し、52億円がなくなっています。それが毎日、20年続く。
事業承継問題は中小企業だけの問題ではなく、中小企業に支えられている大企業にも影響します。
さらに、倒産に伴う税収減は社会インフラや年金・保険・警察・消防・国防等の社会制度にも影響し、全国民の安全・安心が脅かされることにもつながるのです。
この3つの問題は、相互に連鎖し、波及的に拡大します。
今、手を打たないと、日本は沈むのです。

事業承継問題は、連鎖的社会問題

事業承継問題とは、個々の中小企業の廃業という1次的な問題だけではありません。2次的に悪化する雇用や財政、3次的に危険になる社会インフラ、そして、過疎化によりさらに他社が廃業するという連鎖的悪影響をもたらします。

全国民(特に子や孫の命)に関わる社会問題

事業承継問題の影響は、全国民に及ぶ

事業承継問題による損失は、東日本大震災(被害額約17兆円)が毎年2回以上発生するのに相当

このままだと失われる雇用・経済・安全

従来の資本主義ビジネスでは、
解決できない

中小企業の事業承継は、短期で投資回収できないケースが多く、短期利益を求めざるを得ない従来の資本主義ビジネスではそもそも取り組むことが難しい領域です。
さらに、 中小企業の経営を承継することは、大企業のそれより難しいという問題、さらに、 高齢化最先進国の日本で、世界初で起こっており、誰も解決策を持っていないという問題ゆえに、現在誰も手を出せていない状況にあります。

営利ビジネスの限界

事業会社や投資ファンドなどによる営利目的の事業承継M&Aは全体の2%未満=98%の企業は対象外

事業承継問題の全面的解決に向けて

100超ある事業承継問題をワンストップで解決する独自の仕組み「事業承継プラットフォーム®」で、事業承継問題の全面的解決に挑みます。

後継者不在は氷山の一角
5000社の事業承継
中小企業自身が主役

後継者不在は氷山の一角

事業承継問題は1つではなく、100超の課題が絡み合う複合問題

よく誤解されていますが、事業承継問題は「後継者がいれば解決する問題」ではありません。後継者不在という問題は氷山の一角に過ぎず、実際には、多数の問題が複雑に絡み合っています。
我々は100超の事業承継問題を特定していますが、その課題の組み合わせは企業によって様々です。ただ後継者さえいれば解決できる、という単純な問題ではないのです。
ではどうやって、事業承継問題を全面的に解決するのか?

5000社の事業承継

投資家(支援者)の為のソーシャル運用

事業承継には多くの資金も必要です。
事業承継ファンドへの投資は、その社会的必要性の高さから注目されていますが、数億円単位の資金が必要であることからこれまで投資機会は適格機関投資家等に限定されており、一般個人にとってはハードルの高いものでした。
当機構では、一般個人が100万円から事業承継問題の解決を支援するために投資できる日本初の仕組を構築し、「社会貢献しながら、資産運用する」ソーシャル運用Rの機会を幅広くご提供しています。

中小企業自身が主役

事業会社や投資ファンドと、当機構の違いは何か?

1.中小企業を自ら承継する
2.転売せずに永久保有する
3.次の100年も生き残れる会社にするために強化・支援する

投資家や株主のために無理な利益を出す必要がない環境を用意し、永続的に提供することで中小企業自身を主役にして、無理なく長期目線で経営を行える環境を用意し、支援することで、企業が長く生き残っていけるようにしている点が最も違う点です。
私たちは、もっと当機構を知ってもらう機会を提供しています。せひご参加ください。

NEWSニュース

  1. 最新
  2. お知らせ
  3. セミナー/イベント
  4. メディア
TOP