『事業承継プラットフォーム』出版

当機構の活動について記した書籍『事業承継プラットフォーム』

が、全国の書店やAmazon、楽天等で販売開始になった。

 

 

さわかみ会長の「長期投資家日記」

でも取り上げていただいたので、

既にご存知の方も多いかもしれない。

 

 

事業承継に悩む「創業者」、

やる気はあるけど一人では不安な「承継者」、

どう支援したらよいのかわからない「支援者」、

の3者を中心に、

「当機構はなぜ5000社の事業承継に取り組むことにしたのか」

「事業承継問題の本質的な課題」

「子や孫のために出来る具体的なことは何か」

等を、なるべくわかりやすい言葉で書き下ろした本なので、

事業承継に関心のある方にはぜひご一読頂きたい。

 

 

また、ありがたいことに、お読みいただいた方から、

HP経由で多くの激励の言葉や支援参加の申し出を頂いた。

とても励みになり、うれしく思う。

 

 

当機構の活動の社会的責任と、社会的期待の大きさを、

社員一同再度強く認識し、

引き続き事業の推進に全力で当たっていきたいと思う。

 

 

驚いたのは、日本を代表するような大企業の、

元社長や役員クラスの方からの問い合わせや支援の申し出が、

既にかなりの数に上っていることだ。

 

 

これらの方々とは順次お話しさせて頂いているが、

その中で再確認できたのは、

事業承継問題は、

ほぼすべての日本人、企業、地域に深く関係し、

日々悪影響を及ぼしている、

現在進行形の問題だということだ。

 

 

お話を伺うと、

事業領域が広い大企業である程、

そしてその全責任を担っている経営トップに近い程、

取引先の事業承継問題の頻発を通じて、

その悪影響の広さや大きさを実体験していた。

 

 

また、その解決方法を自社で検討した結果として、

事業承継問題の根深さや、

既存の方法(ファンドやM&A仲介等)では

本質的な解決策にはならないことを、

経験を通じて実感していた。

 

 

中には、

「当社のバリューチェーンを支える下請け企業が、

数10社単位で事業承継問題を抱えている。

(それは、大企業自体の競争力の維持にかかわる問題だ)

これらをまとめて当機構で残す仕組みを構築してもらえないか?」

というご要望を頂いた例もあり、

早速検討に着手し出した例も出てきている。

 

 

これまでも何度か主張してきたが、

「事業承継問題は日本全体の問題であり、他人事ではない」のだ。

 

 

中小企業は日本の産業の土台であり、基盤であり、宝である。

その土台が崩れていく中で、何もせず放置すれば、

その悪影響は、中小企業のみならず、大企業にも連鎖するのだ。

 

 

上記の反応を受けて、

先月当機構では、急遽社員総出で作業を行った。

 

 

本書籍に提案書を添えて、

日本を代表する大企業のトップの方々と、

地域を支えることを使命とする地方銀行のトップの方々に、

数100冊を献本させて頂くことにしたのだ。

 

 

今後、どの企業・どの地銀から、

どのような回答があるのか(あるいは、なんの回答もないのか)、

今から楽しみにしている。

 

 

その回答は、その企業や地銀の社会的責任活動への取り組み、

すなわちSDGsやESGへの取り組みの本気度を、

自ずから明らかにしてくれるだろう。

もしかすると、その企業や地銀の今後の命運を左右する

ことになるのかもしれない。

 

 

当機構は、

強欲資本主義をベースに活動するファンドとは一線を画し、

「現在の株主のためだけに働くこと」を求めない。

 

 

それは、資本主義の論理を都合よく解釈した、

私欲のための我田引水的な活動であり、

長い目で見れば社会的責任とは逆行すると考えているからだ。

 

 

むしろ逆に、現在の株主としての利益を多少減らしたとしても、

「過去から未来にわたる多くのステークホルダー」

に対する社会的責任を総合的に考えて活動することを推奨し、

また当機構の活動指針ともしている。

 

 

そして、当機構と同じように、

「社会的責任を長期にわたって本気で果たしていこう」

という考えを持つ大企業や地銀と広く協力して、

「日本のため、子や孫の未来のために」

事業承継を進めていきたいと思っている。

 

 

どこからどのような回答があり、

どんな共同につながるのか、

まだ結果は先だろうが、今からとても楽しみにしている。