『米国はどこで道を誤ったか』

久々に、読み応えのある本に出合ったので、紹介しておきたい。

表題の、バンガード・グループ創業者であるジョン・C・ボーグル氏の著書である。

 

 

現代資本主義の矛盾点が、データを使ってとてもわかりやすく整理されている。

基本的には運用会社に関する指摘が多いが、

事業会社に通じる点も多く、

事業承継にも通じる内容なので紹介しておきたい。

 

 

たとえば、こんな内容だ。

 

 

・価値観と理想を大事に。世直しは1人でも出来る。

 

 

バンガードも、最初は異端児扱いされ、業界からも様々な妨害を受けたそうだ。

(さわかみ投信も、創業時は異端児扱いされた。)

だが、自らの価値観に従い、自らが正しいと思う理想に向けて、

「おかしいことの改善」にひたむきに数十年取り組んだ結果、

変わったのは「おかしい」世の中の方だ。

 

 

・昔はオーナー資本主義、今はマネージャー資本主義

 

 

オーナーは10年、100年の利益を考えて行動する。

マネージャーは3か月の利益を考えて行動する。

資本主義が短期目線になってしまったのは、上記の弊害だ。

 

 

そして、その弊害(環境問題、貧富の格差問題、世代間格差問題、等々)

が目立つようになってきている。

 

 

(自分の)儲けは短期で取れるだけ、

支払いは長期で少なく(出来れば他人に押し付ける)。

これを資本主義では「効率化」と呼ぶ。

 

 

だが、それは人として、社会として正しいことなのか?

 

 

資本主義には、「道徳」という概念がない。

オーナー資本主義下ではなんとか自主管理されていたが、

マネージャー資本主義ではもはや絶滅寸前だ。

 

 

・昔は所有社会、今は仲介社会

 

 

なるべくリスクを取らず、

早く、ラクに儲けることを、

資本主義では「効率化」という。

 

 

その効率化を求め、

マネージャーが増えすぎた結果、

現代は仲介者ばかりになった。

 

 

事業承継問題も、その一例だ。

仲介者ばかりがどんどん増え、自分の儲けだけを考えて活動している。

そして、社会問題を解決しようという創業者や承継者を

食い物にするような業者まで出てきている。

 

 

だから、仲介ビジネスは、20年以上たっても

事業承継問題の解決にはほとんど役に立っていない。

(だから今も大きな社会問題として残っている)

むしろ逆効果になってしまっている例すら出てきている。

 

 

不動産の仲介業者も、バブルの頃までは同じ無法状態だった。

今後は、M&A仲介業者も、規制化がされ、淘汰が進むだろう。

 

 

そして、仲介業者が生き残るカギは、

どれだけ「道徳」を持ち、時には利益を自制し、

「社会に貢献するビジネス」に変えられるか、になるだろう。

 

 

・昔は投資の管理者、今は金集め商人

 

 

本来は投資の管理者(Fund Manager)であるべき運用会社ですら、

今は金集め商人(Fund gatherer)になっている。

運用に力を入れるよりも、

新商品の開発と販売に血眼になっているのが、その一例だ。

 

 

だが、王道を外れれば、いずれは廃れ、死に絶える。

 

 

・仲介者は、(一時的には)強烈に儲かる。

 

 

仲介料は、グロスリターンの3/4にも上るフィーを、

資本家のリターンから奪っている。

逆に言うと、

資本家は100%のリスクを負っているにもかかわらず、

仲介料のせいで1/4のリターンしか得られていないのだ。

 

 

だが、資本主義の中で、

この目先の大儲けの魅力に抗える人は、そうはいない。

仲介が自己の利益を追求すればするほど、

顧客である資本家のお金が減り、

いずれは管理人としても扱える資産が減り、

長期的にはたこが自らの足を食っているようなものだとしても、だ。

 

自己の短期利益を道徳よりも(そして本来の職務上の義務よりも)

優先するのが、正しい行為なのか?

 

 

それが、道徳的に誤りだというのは、子供ならわかるだろう。

 

 

そして、道徳的な天使のか細い声は、万人に聞こえるだろう。

 

 

だが、悪魔の誘いは、いつも強烈で魅力的だ。

道徳を無視して悪魔の誘いに乗ってしまうのは、

歴史が何度も証明済の、人間の本性だ。

 

 

この本性に抗える人は、ごく少数しかいない。

 

 

だが、誰かはやらなければならない。

そして、過去にも誰かがやってきてくれたから、

今があるのだ。

 

 

今度は、我々がやる番だ。

先祖が我々にしてくれたように、

子や孫に未来を残すために。

 

 

・オーナー不在の資本主義は、いずれ廃れる。

 

 

長期目線で事業を考えるオーナーがいなくなれば、

いずれ資本主義は廃れる。

 

 

来年の農作物を植えずに、

今年の収穫物をすべて消費してしまえば、

いずれ全員飢え死にすることになるのと同じだ。

 

 

それは、資本主義の中では「効率化」と呼ばれるが、

全体的な社会の改善にはつながらない。

 

 

一例をあげたが、皆さんは、う思っただろうか?

考えさせられる言葉もあったのではないだろうか?

関心がある方は、ぜひ一読をお勧めする。

 

 

最後に、ノーベル経済学賞を受賞した、

ジョセフ・スティグリッツ氏の言葉も、

一つ引用しておきたい。

 

 

時代は進んでいる。

皆さんが高校や大学で学んだことも、

そろそろアップデートするときだ。

 

 

「自己利益の追求は、経済全体の向上につながっていない。

 アダムスミスが指摘した神の見えざる手は、もはや機能していないのだ。

 道徳的価値観の衰退した現代では、特に、だ。」

 

 

今月は、大規模な銀行との業務提携の発表などもあり、

多忙な月になりそうだ。

 

 

だが、目先のことにとらわれず、

価値観と理想を大切に、事業承継に真摯に取り組んでいこう。