まず、真実を知ろう。真実を知れば、正しく対応出来る

follow us in feedly

コロナ対応のために、日本でも遅ればせながら、

緊急事態宣言が出された。

 

 

遅きに失した感はあるが、まあ政治とはいつもそんなものだ。

頼りにせず、自衛に努めよう。

 

 

事業承継問題でも同じだが、

コロナ対応でも、真実の把握がなされていないことが、

一番の問題だ。

 

 

真実が把握されないから、

正しい対応が出来ずに、後手後手に回っている。

 

 

どんな問題でも、

「真実の把握なくしては、問題は解決できない」のだ。

 

 

だが、政府の対応はともかく、

こんなことで、当機構の関係者や、

ご協力いただいている支援者、協力者の皆様を

一人たりとて失うわけにはいかない。

 

 

そうなったら、当機構の使命である、

「5000社の中小企業を承継し、子や孫の未来を救う」

ことなど、到底出来なくなってしまうからだ。

 

 

だから、皆様と真実を共有して、

共にこの困難を切り抜けていきたいと思う。

 

 

ついては、皆様のご参考になるように、

当機構グループ関係者に2月後半から伝えてきたことの一部を、

ここで共有しておきたい。

 

 

真実を知れば、正しく対応する方法がわかるからだ。

 

 

たとえば、

「日本(あるいは居住地域)では、感染者が少ないからまだ平気」

という認識は、捨てた方がいい。

真実とは異なるからだ。

 

 

Our world in data という、

各国政府が公表しているPCR検査数を一覧にしたHP

(https://ourworldindata.org/covid-testing)がある。

 

 

同HPを見て頂くとわかるが、

4/8までの各国のPCR検査数は、以下の通りだ。

 

 

米国:2,200,000件

ドイツ:1,320,000件

イタリア:807,125件

 

 

これに対して、日本の検査数は、

たったの 61,498件 だ。

 

 

これは、米国の検査数の3%、ドイツの5%に過ぎない。

(日本の人口は、米国の40%、ドイツの1.5倍はいるのに、だ)

 

 

当然だが、感染者を発見するには、PCR検査をすることが必要だ。

(検査をしなければ、たとえ感染していても、発覚しない)

 

 

それを、「検査で発覚した感染者数」

の推移だけを見て判断したら、真実を見誤るのは当然だろう?

 

 

今の日本のコロナ対応は、

都合の悪い事実に蓋をして、

粉飾決算をしている企業のようなものだ。

 

 

(なお、米国も、トランプも、初期はそうだった。

が、豹変して、事実把握に努め、猛烈に対応を進めているのは、

さすがだと思う)

 

 

臭いものに蓋をしても、蓋の中で腐るだけだ。

真実を見ないで、平気なふりをしていれば、事態はより悪化する。

(主婦の方なら、経験的によくわかるだろう)

 

 

仮に、米国と同レベルで、

人口比0.7%の検査を日本で行うと、

889,000件の検査が必要だ。

 

 

この検査数に対し、厚生労働省が発表している

日本におけるPCR検査時の陽性率実績(7.4%)をかけると、

6.6万人程の感染者数が既にいることになる。

 

 

1月からコロナ対応を行うなど、

先進国の中でも最も素早い対応をしてきたドイツを例に

同様の計算をすると、14.6万人程に膨れ上がる。

 

 

ここから推定される真実は、

「厚生労働省から発表されている4768人の

10~30倍程度の感染者は、既に国内にいる」

ということだ。

 

全国民の割合でいうと、

1000人に1人程度は感染者がいることになる。

(1000人とは、小さな村の規模だ)

 

 

つまり、もうどこにいてもおかしくないのだ。

 

 

かつ、検査しないから隔離が遅れ、

隔離が遅れるから拡大するという連鎖性を考えれば、

おそらくそれ以上になっていると考えるのが妥当だろう。

 

 

だから、TVや新聞で見聞きするより、

事態はすでに悪化していると考えた方がいい。

対応が遅れた分、今後も悪化するだろう。

 

 

その前提で、より慎重に、自衛に努めてほしい。

 

 

他方、希望につながる真実もある。

(こういう時こそ、人類には希望が必要だ)

 

 

それは、感染者のうち、8割以上は自然治癒しているということだ。

 

 

「かかったら最後」ではないのだ。

 

 

不要な外出を避け、3密を避け、マスクや手袋をして、

手洗いやうがいを徹底するのはもちろんだ。

 

 

だが、薬がない今、最大の自衛方法は、

「万一感染しても、生き残れる健康体を保つ」ことだ。

 

 

普段から節制していた人は、それを継続してほしい。

 

これまで不健康な生活をしていた人は、

これを機に見直してはいかがだろうか?

 

喫煙、飲酒、睡眠不足、運動不足など、

自宅にいても、改善出来ることはたくさんある。

 

 

残念ながら、真実を見ようとしない日本では、

真実を見て対応している各国よりも、回復が遅れるだろう。

 

 

今回は、100年に1度の疫病になる。

 

 

だが、人類がこれまで絶滅せずに生き残ってきたように、

今回も、いつかは必ず乗り越えていくことが出来る。

 

 

まず、真実を知ろう。

真実を知れば、正しく対応出来る。

 

 

それは、

コロナ問題に対応する自然人にとっても、

事業承継問題に対応する法人にとっても、

とても大切なことなのだ。

 

 

follow us in feedly