よくある質問② なぜ5000社?

答えはカンタン。

 

「本気で日本を救うには、規模が必要」だからだ。

 

この壮大な挑戦を目標とし、公言するまでには、実は多少の葛藤があった。

 

「今のまま黙っていれば、この大きなブルーオーシャンを独占できるのでは?」

「自分達だけなら、10社もやれば十分金持ちになれる。5000社などという壮大な目標を掲げずともよいのでは?」

「確立しているファンドの形で、ビジネスとしておいしい10社だけ、無理なくやればいいのでは?」

 

資本主義に則り、自分の利益だけを考え、ノウハウを独占する。

競合を防ぐために黙り、ラクに稼げる1%だけ取り組む(他の99%は見捨てる)。

 

「それが資本主義のルールだから」

「(ファンドは)みんなそうやって稼いでいるのだから」

「別に悪いことでも、違法行為でもないから。」

 

そんな意見も、最初はあった。

 

だが・・・

「それで、死ぬ時に本当に後悔しないか?」

「自分ファーストだけで、本当によいのか?」(どこかの金髪の大統領みたいになりたいか?)

「それは、人として正しいことか?」

 

色々な疑問も、出てきた。

 

「もし、我々がその選択をしたら、日本はどうなる?」

子や孫の未来には、日本はとても危険な、住めない国になっているだろう。

(ジムロジャースの「2050年の日本は犯罪大国になる」と言う予測は、このままならかなりの確率で実現する)

 

そうしたら、どうする?

自分だけ稼いで、故国を見捨てて、シンガポールにでも逃げる?

解決策を見つけたのに、それを私益の為だけに使って、自分だけ?

 

それは、資本主義のビジネスマンとしては、正しいことなのかもしれない。

別に、悪いことでも、違法行為でもない。

他の人がやっていても、非難する気もない。

 

だが、我々は、それが正しいことだは、どうしても思えなかった。

 

だから、違う道を行く決断をした。

 

「大きな問題があり、その解決策を見つけたなら、それは天命だ。逃げずに、真正面から取り組もう」

「まず、10年で自らビジネスモデルを示し、圧倒的に成功しよう」

「そして10年後には、資本主義を超えて、ノウハウを全て開示しよう。

資本主義に知恵を授け、アニマルスピリットに火をつければ、あとは資本主義の中で解決できるだろう」

 

そして、5000社を承継するビジネスモデルを創る挑戦に踏み切った。

 

10年で5000社を承継するということは、どれだけ難しいことか?

普通のファンドが10年間に手掛けるのは、せいぜい5~10社だ。その1000倍をやることになる。

それは、過去30年かけてファンドが取り組んできた全ての案件数に、匹敵するほどの数だ。

 

その困難さは、今まで20年以上取り組んできた私が、一番よく理解している。

 

だが、我々は、私益よりも公益を、私欲よりも大義を優先することを選んだ。

ラクに稼げることよりも、困難でも必要なことに挑戦する決断をした。

 

万難が待ち受けることを理解したうえで、

それが子や孫の未来を守るために必要なら、日本を救う規模で挑戦しよう!

そう、決意した。

 

だから、5000社を目標として公に宣言し、

共に挑戦する同志や仲間を広く募ることにしたのだ。