フリーランチは、ないぞ?

残念ながらコロナ対応でも、

日本は世界から周回遅れのようだ。

 

 

前回のブログで指摘した過小なPCR検査数は相変わらずで、

日本ではいまだに1日平均7千回程度しか検査が行われていない。

(つまり日本では「検査した全員が陽性」という最悪の結果でも、

「公式な感染者数」は、1日7千人しか増えない)

 

 

その結果、「日本の公式な感染者数」の増加は、

「1日1千人程度にとどまり、他国と比べて持ちこたえている」

と報道されている。

(IPS細胞で有名な山中教授も、この点を憂いて、

日本のPCR検査体制を大幅に強化すべきと発言している)

 

 

他方、米国では1日平均15万人を検査しており、

さらに、1日30万人まで検査を増やそうとしている。

だから、1日数万人ペースで、公式な感染者が増えている。

 

 

悲劇ではあるが、その事実をきちんと数字で洗い出し、認め、

強烈な外出禁止令を取るなど対応をしているのだ。

そして、その成果が、一部で出てきている。

 

 

どちらが正しい対応かは、子供でも分かるだろう?

 

 

ビルゲイツや山中教授が主張している通り、

検査すらせず、厳格な対応もしていない日本の現状は、

コロナを前に、ただ神頼みしているに等しい状態だ。

 

 

これで、もし日本でコロナが終息したとすれば、

それは神風であり、ラッキーだ。

 

 

日本でも、苦しんでいる人が大勢いるのは事実だ。

神風やラッキーが起こってコロナが終息すればよいし、

起こってほしいとは思う。

 

 

だが、それは「再現性のある過程」でも、

人の努力の結果でも、残念ながらない。

 

 

運は、運だ。

 

 

そして、やるべきことをしていない以上、

運がない可能性にも、備える必要がある。

 

 

今後数か月で、日本の数十倍以上のPCR検査を日々行い、

事実を把握し、その対応に全力を注いだ中、米、欧は、

一足早く回復するのかもしれない。

だが、それをしていない日本では、

これから逆にコロナ感染、被害が拡大していくというリスクは、

まだ相応にあるということだ。

 

 

その時にどうするか?

経営者としては、2の矢、3の矢を準備しておくことが必要だ。

コロナが終息せず、緊急事態宣言も延々と伸びるときに、

事業や雇用をどうしていくか?

期間別のシナリオを描き、準備しておくことが、

多くの中小企業にとって急務だろう。

 

 

さて、ここで1つ質問をしてみよう。

 

 

全国民に10万、計12.6兆円を配るという政治決定がなされた。

ビルゲイツの総資産を超えるほどの、巨額のお金だ。

 

 

だが、そのお金は天から降ってくるのだろうか?

 

 

皆様は、どう思っているのだろう?

 

 

答えは、Noだ。

 

 

天から降ってくるわけじゃない。

この世に、フリーランチはないのだ。

 

 

このお金は、国債発行という借金を裏付けにして、配られる。

そして借金は、いつか、誰かが、返さなければならない。

 

 

つまり、この12兆円は、未来世代からの借金に過ぎない。

現世代がもらって使えば、

それに利息をつけて、子や孫が返済しなければならない借金なのだ。

 

 

日本で今日生まれてくる子供は、

すでに1000兆円を超える借金を抱えて生まれてくる。

その子供に、さらに追加で、

12.6兆円の借金をプレゼントするという決定なのだ。

 

 

これでは、多数決の暴力に近い。

(赤ん坊には、投票権がないからだ)

 

 

皆様には、ぜひ真実を理解したうえで、

子や孫に未来を残すために有効に使ってほしいと願う。