第3回支援者の会 よくある質問

先週、第3回支援者の会を行った。

 

新しい方もいらしたので、

最初は事業説明の映像を見て頂き、

その後にQ&Aを行う形で進めた。

 

すると、最初は静かに始まったが、

1人目から質問が出ると、次から次へと質問が続き、

やがて活発な意見交換になり、あっ、という間に予定の2時間が過ぎた。

 

とても楽しく、また参考になる会だった。

 

これだけネットや通信が普及した時代でも、

やはり、人と人が、顔を合わせて意見交換する以上の

コミュニケーションはないと、再認識した。

 

支援者の会は、今後も2カ月に1度を目途に定期的に開催していくので、

もしご関心がおありの方は、ぜひHPから申し込みして頂き、お越しいただきたい。

直接お会いして、ご質問を頂き、お答えするのが、

何よりもご理解頂ける一番の方法だと思う。

(次回は2/5の予定です。詳細はHPのニュース欄をご覧下さい)

 

 

ただ、残念なのは、現時点では東京でしか開催できていないこと。

 

将来的には、日本全国をまわりながら、

支援者の方と直接顔を合わせてお話したいが、

まだ事業段階的にそこまでいけてないのがもどかしい。

 

新聞等を見た方からHP経由でお問い合わせを頂くことも増えているが、

「九州なので、、、」とか、「北海道なので、、、」

という方も多く、

「近ければぜひ参加したいのだが。。。」

という声に、

お応えできていないのだ。

ここは、当機構の課題である。

 

ただ、実務的にはもう少し時間がかかりそうなので、

今回は、支援者の会で出た代表的なQ&Aを掲載し、

遠方の方々にも少しでもその雰囲気をお伝えできればと思う。

 

代表的なQ&Aは、以下の通りだった。

 

Q① 案件候補の数は?

A:今年一年で、既に200社超から相談を受けている。

足元でも増えているため、来年はおそらく2~3倍になるだろう。

もっと増えるかもしれない。

 

Q② 業種や地域に制限はあるのか?

A:社会的に必要な企業であれば、業種や地域で制限することはない。

目安としては、銀行が付き合える企業であればOK。

(ただし、反社会的事業や風俗関連業等は除く)

 

Q③ 投資判断基準は?

A:一言で言うと、「自分の孫やひ孫に本当に残したい&必要な企業か?」である。

当機構は、日本のため、子や孫の未来のために企業を引き継ぎ、残すことを理念としている。

「自分が儲かるかどうか?」を中心に判断するわけではないところが、

他のファンドや事業会社と一番違うところだ。

 

Q④ 買取は100%でなければならないのか?

A:承継した企業を安定的に経営して長く残せるように、100%を基本としている。

ただ、個別案件毎に事情は異なるので、相談して決めることは当然にある。

 

Q⑤ 案件の詳細が知りたい

A:我々も、出来るなら伝えたい。

ただ、創業者の気持ちを考えると、それは実務的に困難だ。

だから、伝えていない。

 

これは、立場を逆にしてみると、わかりやすい。

たとえば、あなたがA社の創業者だとしよう。

あなたが、秘密裏にA社の事業承継の相談をしたときに、

その話を多数の人にされたらどう思う?

嫌だろう?

 

さわかみ投信でも、

ファンドマネージャーが個別投資について、

投資前に投資家に説明することはない。(投資後に説明することはあるが。。)

 

我々も同様に、結果で語るしかない。

そして、実績を積み重ねながら、我々の理念や志を信じてもらうしかないのだと思っている。

 

なお、承継先については、

(全案件ではないが)適宜HPに掲載していこうと思っているので、

定期的にHPをご確認頂ければと思う。

 

Q⑥ 当機構の社会的な立ち位置は?

A:組織的には、一般社団法人 と 株式会社 の2つがあり、

両輪となって活動している。

本質的には、「日本のため、子や孫の未来のため」の公益事業なので、一般社団法人が適している。

ただ、大規模に事業を行うには一定の利益も必要であり、

また日本の社会慣行上、株式会社の方がビジネス活動をしやすいので、

株式会社も併存する形にしている。

 

 

最後に、出席者の方から、こんなコメントがあった。

 

「資料も読んだ。

HPに掲載されている動画(※2019.5.28のニュース欄に掲載中)も見た。

でも、正直よくわからなかったから、今日の会に来た。

 

そして、直接話を聞いたら、よく理解でき、安心した。

 

こんなに素晴らしいことをやっているのだから、

私は、一番最初から、支援者として参加したい。

 

大きくなってからにわかファンとして参加するのではなく、

大事な最初を支える初期メンバーとして参加したい。

 

それが出来ることが、とても嬉しいし、誇らしく思う。」

 

こんな出会いが、とても嬉しい。

ますます、やる気がわいてくる。

 

当機構の挑戦は、今年始まったばかり。

まだまだ課題が多いのは事実だが、

来年は飛躍の年にするつもりだ。