資金募集、ようやく始動

9月上旬から、ようやく個人向けの資金募集を開始できることとなった。

 

 

 

準備に1年以上かかってしまったが、

金融庁への金融商品取引業者登録が今月無事に終わり、

関連規制団体への加入手続等も進み、

正式に募集を行う体制が整うためだ。

 

 

 

1年以上前から支援者の会にご参加頂いてきた皆様には

長らくお待たせしてしまったが、

資料請求方法や申込方法のご案内を含めて、

詳細は次回の支援者の会(9/10)で詳しくご説明させて頂くので、

ぜひご参加いただければと思う。

(事前登録はこちらから https://forms.office.com/r/QRcsrEDZr0)

 

 

また、コロナ対策が必要な中で、

皆様に直接お会いできる機会は非常に限られているが、

やはり「大切な資金を託すのに、一度は会ってみないと不安」という方も多い。

 

 

 

そのため、考えうる限りの万全の対策を行ったうえで、

リアルにお会いできる場も用意していく。

 

 

 

その1つが、9/18にパシフィコ横浜で予定されている「さわかみ投信運用報告会」だ。

(当機構支援者の方も参加可能、 申込はHPから: https://www.sawakami.co.jp/uh2021/)

 

 

 

当日は当機構でも、

さわかみ投信代表取締役社長の澤上龍氏にも参加して頂き、

セミナーやQ&Aを行う予定だ。

 

 

 

また、当機構の社員もほぼ全員が参加する予定であり、

皆様と対面でご質問にお応えしながら、

お会いできるのを楽しみにしている。

ご都合がつく方は、ぜひ当機構の特設ブースにお立ち寄り頂ければと思う。

 

 

 

これで、当機構が「事業承継問題を全面的に解決し、雇用・経済・安全を子や孫の未来に残す」ために、

本格的に活動をしていくための最後の仕組が、ようやく整った。

 

 

 

なぜ、個人の資金にこだわるのか?

それは、「想い」や「志」のある一般個人の資金を運用する形で

取り組まなければ、

「事業承継問題の全面的解決」は出来ないからだ。

 

 

 

規制の厳しい個人資金の募集などをわざわざせずとも、

他の多数の事業承継ファンドと同様に、

適格機関投資家特例業務のファンドをつくればできるのでは?

事業会社として、ベンチャーキャピタルから資金を得れば出来るのでは?

という声も、数多くあった。

 

 

 

社内でも、何度も真剣に議論をした。

 

 

 

だが、いまの行き過ぎた資本主義の中で、

「今だけ、カネだけ、自分だけ」のリターンを求めるイージーマネーを

運用する形で取り組んでは、いずれ、

「ファンド運用して3-5年で転売し、投資家(と自社)が儲かればいい。

その他や後のことは知らん。」

という運用になってしまう。

 

 

 

運用する資金の「質」とは、いわば重力なようなものだ。

 

 

 

どれだけ崇高な理念を掲げて運用を開始したとしても、

重力は毎日、毎分、毎秒、絶えず影響してくる。

最初は崇高な理念や目標を掲げていたとしても、

あるいはどれだけ多くの燃料を積んで抗おうとしたとしても、

いずれは重力に負けて、

早晩単なる「金儲けのための運用マシーン」になってしまう。

 

 

 

それでは、当機構が目指す

「事業承継問題を抱える中小企業をお手伝いさせて頂く」

のではなく、

「金儲けのために、投資/転売対象として利用する」

という、100本以上ある「事業承継ファンド」と同じになってしまう。

 

 

 

現実的にも、自らの利益追求を絶対視して追求するファンド形式では、

100社のうちわずか1-2社しか対象にすることが出来ない。

「大儲け出来ることしかやらない、出来ない」という仕組みでは、

それほど儲からない98%以上の中小企業の事業承継問題は、

解決出来ないのだ。

 

 

 

価値観としても、

「私益よりも公益を優先する」

「子や孫に未来を残すために活動する」という、

我々の価値観と大きく異なる。

 

 

 

だから我々は、さわかみ投信と同様に、

直接金融の仕組をつくり、

一般個人の資金を運用する体制を選択したのだ。

 

 

 

我々が提唱するソーシャル運用®とは、

「社会貢献」と「資産運用」を両立することで

「持続可能な社会」を築く新しい資産運用手段だ。

 

 

 

「社会貢献しながら資産運用できる」

「寄付とは異なり、運用収益も得られる」

 

 

 

我々は「社会貢献」と「資産運用」をバランスよく両立させて、

事業承継「問題」を資産運用「機会」にすることで、

「子や孫に持続可能な社会を残す」ことを目指している。

 

 

 

もちろん、運用としてリスク管理を行い、

リターンを提供する仕組みもきちんと構築している。

 

 

ソーシャル運用は、

上場企業を対象とした運用で言われるESG運用の概念に近いが、

より直接的だ。

運用手段としてESG推進を投資先に促すというよりも、

運用する当機構の事業自体が、ESG/CSR/SDGsそのものだからだ。

 

 

 

なお、当機構が行った運用業の登録企業は、大企業を含めて400社程度しかない。

ある意味、その10倍近い企業数がある上場企業になるよりも、

難しい審査を乗り越える必要があったから、時間も労力もとてもかかった。

 

 

 

だが、これでようやく、日本の事業承継問題を全面的に解決していくための

「事業承継プラットフォーム®」

「銀行/大企業等連携」

「ソーシャル運用®」

という3つの大きな仕組みがそろった。

 

 

 

これで、2年半かかった長い準備期間は終わり。

ここからが、本番だ。

 

 

 

社会問題を解決しよう、子や孫に未来を残そう、

という当機構の活動に共感して頂ける方々と共に、

皆様と同じ船に乗り、共に活動する仲間として、

事業承継問題の全面的解決に取り組んでいきたいと思う。

 

 

 

すべては、子や孫に未来を残すために。