事業承継が必要な企業数は、本当はどれだけあるのか?

follow us in feedly

政府発表の数字として、127万社が独り歩きしている。   が、この数字は正しいのか?   結論から言うと、おそらく不正確だ。   政府の発表を正確に読めば、わかるはず。 だが、マスコミの報道が、 政府が発表した事実を歪めてしまっているようなので、ここで説明しよう。   まず、政府の発表数字というのは、 2017 年10 

follow us in feedly

台風と停電 これは天災か?それとも人災か?

follow us in feedly

先週の台風で、日本に大きな傷が残った。   特に被害が大きかった千葉県の一部では、まだ停電が続いている。 一日も早い復旧を祈るばかりだ。   ただ、この事故の背景にも、当機構がアンチテーゼとしている 「短期強欲資本主義」の影響があることは、理解されているのだろうか?   一部の方にお話ししたら「わかりやすい!」とのことだったので 

follow us in feedly

よくある質問② なぜ5000社?

follow us in feedly

答えはカンタン。   「本気で日本を救うには、規模が必要」だからだ。   この壮大な挑戦を目標とし、公言するまでには、実は多少の葛藤があった。   「今のまま黙っていれば、この大きなブルーオーシャンを独占できるのでは?」 「自分達だけなら、10社もやれば十分金持ちになれる。5000社などという壮大な目標を掲げずともよいのでは?」 

follow us in feedly

「買ったら成功!」ではない。事業承継の成否が問われるのは30年後だ

follow us in feedly

「M&Aで会社を買いました!事業承継に成功しました!」という本や記事が増えてきた。 それを大々的にPRする、M&Aの仲介会社も増えてきた。   ブームが起こり、事故が起こる、、、悪い兆候だと思う。 こういう本や記事が増えると、売手や仲介者は儲かるかもしれないが、 真面目な創業者や承継者にとっては、不幸な結果になってしまうことが多い。    

follow us in feedly

よくある質問① 事業承継問題の本質とは?・・・トヨタが10回倒産するほどの悪影響!

follow us in feedly

①中小企業への影響   中小企業は、全企業の99.7%、雇用の70%、経済の55%を占めている。 数字で見ても、日本の基盤であり、宝である。 だが、その1/3の、127万社の就職先、1,100万人の雇用、38兆円の経済が、事業承継問題を抱えている。   ・・・ここまでは、よく言われていること。 だが、数字が大きすぎて、理解しにくい人も多い 

follow us in feedly

サラリーマンは300万円で小さな会社を買うべきなのか?

follow us in feedly

面白い題の本だったので、思わず手に取って読んだ。   ・・・が、読んでみて、これを真に受ける人が出てくると、その人も、家族も、社会も不幸になると感じた。   この本に書いてあることは、「薬剤師が薬局を引き継ぐ」、「歯科医が歯医者を引き継ぐ」等、 限定された有資格者が、確立された安定的なビジネスを継ぐようなケースでなら、ありだと思う。 (そ 

follow us in feedly

企業同士のM&Aで中小企業の事業承継問題は解決できるか?

follow us in feedly

結論から言おう。99%は出来ない。   なぜか?理由は3つある。①規模、②統合、③買い手が主役、だ。   ①規模 多くの大企業が、数1000億単位のM&A予算を持っていると、日々報道されている。 だが、これらのほとんどは、中小企業を対象にはしていない。(大企業間で、部門や子会社を売買するのが大半)。   なぜか?自分の立 

follow us in feedly

ファンドで中小企業の事業承継問題は解決できるか?

follow us in feedly

結論から言おう。99%はできない。   なぜか?理由は3つある。①規模、②転売、③優先順位、だ。   ①規模 私はファンドを否定する気はない。 それどころか、ファンドは、「大企業相手のカーブアウトの受け皿」という本分においては、 資本主義の権化であり、至境のマネーマシーンだと評価している。   「大企業相手」に効率よく金を稼ぐこ 

follow us in feedly

コクヨとぺんてるの争いの本質 ー 事業承継ファンドの限界

follow us in feedly

コクヨとぺんてるの争いが、NHK等でニュースになっている。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190729/k10012012751000.html   まず最初に断っておくと、私はファンドを否定する気はない。 それどころか、ファンドは、「大企業相手のカーブアウトの受け皿」という本分においては、 資本主義の至境の 

follow us in feedly